営業品目から探す

超音波探傷試験

非破壊検査

超音波探傷試験の原理

チタン酸バリウムなどの圧電材料に電圧を加えると振動子は伸縮し超音波振動が発生します。この超音波振動を物体に入射させると物体の中を超音波が伝播し、空洞や材質の違う部分で反射して戻ってきます。
この戻ってきた超音波の量と、戻ってくるまでの時間により内部の状態を推測します。

超音波探傷試験

超音波探傷試験の特徴

  • 金属の溶接部、鍛造品などの内部の状況確認に適用できる
  • 超音波の進行方向に率直な面状きず(割れなど)を検出するのが得意です。
  • 密度の荒いオーステナント系鋼、鋳造品、コンクリートなどの粗粒材料は適用が困難です。

関連リンク


space