営業品目から探す

放射線透過試験

非破壊検査

放射線透過試験の原理

物体に放射線を照射すると、放射線は物体との相互作用(吸収、散乱)によりはじめの強さより弱くなり透過します。
物体の中に空洞などが存在すると健全部との密度の違いにより透過する放射線の量が違ってきます。その違いをフィルムなどに濃淡として写し出します。

放射線フィルム
放射線透過試験

放射線透過試験の特徴

  • 金属、非鉄金属の溶接部や母材、コンクリートの内部の状況確認に適用できます。
  • 放射線の照射方向に奥行きのあるきず(空洞など)を検出することが得意です。
  • 放射線に対する安全管理が必要になります。

関連リンク


space