営業品目から探す

非破壊検査

営業品目から探す

非破壊検査とは、『物を壊さずに』その内部の状況や表面の状況、あるいは劣化の状況を調べる検査技術のことです。

  • 放射線透過検査

    放射線透過検査の様子

    物体に放射線を照射し、金属、非鉄金属の溶接部や母材、コンクリートの内部の状況確認をします。

  • 超音波探傷試験

    超音波探傷試験の様子

    超音波振動を物体に入射させ、金属の溶接部、鍛造品などの内部の状況確認などをします。

  • 磁粉探傷試験

    磁粉探傷試験の様子

    強磁性体を磁化した際に生じる漏洩磁束により、表層部のきずを検出します。

  • 浸透探傷試験

    浸透探傷試験の様子

    表面に開口している傷を、毛管現象及び知覚現象を利用して、知覚する方法です。

  • 渦流探傷試験

    渦流探傷試験

    導電性のある試験体の表面近傍のきずを検出します。塗膜上から探傷可能なので構造物の保守検査に最適です

  • 持込みによる非破壊検査

    持込みによる非破壊検査

    持込みによる各種非破壊検査を安価にて承ります。


space