営業品目から探す

耐震診断

建物診断・調査

マンションや戸建て、土木構造物等、各種耐震診断を行っています

コンクリート建築物については、昭和56年(建築基準法改正:1981年)以前に建設されたものは以降のものと比較しては耐震性の劣るものも多いといわれています。

地盤や基礎の状態、ピロティの有無、建物の形状、管理状況などにも大きく左右されます。

私的な賃貸マンションはオーナーの一存で診断に着手できますが、分譲の場合は構造躯体が共有物となりますので、実施は管理組合が主体となり、区分所有者への各種手続きが必要となります。
オーナーや管理組合からのご依頼に準備段階からご相談、ご協力をさせていただきます。

X線検査機器
(構造スリットのX線確認例)
X線検査機器
(耐震補強施工例)

関連リンク


space