営業品目から探す

外壁調査

建物診断・調査

赤外線サーモグラフィーによる外壁調査

赤外線サーモグラフィーを用いて外壁の温度測定を行い、浮きや内部の欠陥等、変状位置を推定します。

弊社では最新の高分解能赤外線サーモグラフィー用い、高性能望遠レンズと組み合わせる事により、遠方からでも調査対象物の細部を捉えます。

さらに赤外線サーモグラフィーを複数台所有し、定点(固定)観測や多面同時観測など、より幅広く高度な対応が可能です。


X線検査機器
(赤外線サーモグラフィーと高解像度可視カメラによる並列撮影)
X線検査機器
(タイル浮きの熱画像例)






外壁のひび割れを離れた場所から正確に調査

離れた場所からコンクリートのひび割れの位置や幅などを測定できるトータルステーション「KUMONOS」により、足場などを設置出来ない場所や、従来、ゴンドラや高所作業車を使用していた場所、道路の反対側や川の対岸など見通しさえきけば離れた位置から正確な測定が可能です。
データはCADに連動していますので今までのようなスケッチを基にした図面と違い、正確な位置や長さがCAD図面に反映されますので、ひび割れの経年変化も追うことが出来ます。
また、この機能を利用して、建物の立面図などの展開図も作成することも出来ます。

KUMONOSによる調査例

(KUMONOSによる調査例)















目視・打診にる調査

目視や打診により、コンクリートのひび割れ、剥離、剥落などの変状の状況を調査し、詳細に記録します。

足場が無いような場所でも、専門の技術員がロープ吊りや高所作業車等で対応可能ですので、足場設置費用が掛からず工期も大幅に短縮します。

また、現場状況に応じて上記赤外線サーモグラフィーやKUMONSと併用することにより更なる効率化も図れますので、是非ご相談下さい。



ロープ吊りによる調査状況例

(ロープ吊りによる調査状況例)

ひび割れ状況のスケッチ例

(ひび割れ状況のスケッチ例)







 

 

関連リンク


space