営業品目から探す

電磁誘導による鉄筋調査

コンクリート内部調査・コアボーリング

電磁誘導による鉄筋探査の原理

銅線を円形に巻いた試験コイルに交流電流を流すと、時間的に変化する磁束が発生しますが、この磁束は試験コイルを貫いているので、試験コイルに起電力が生じることを利用した電磁誘導法の装置です。
この起電力の強弱を感知し鉄筋位置を推定する。さらに磁束の振幅の変化を読み取り鉄筋径を推定することができます。

電磁誘導による鉄筋探査

電磁誘導による鉄筋探査

  • 鉄筋など導電性のある埋設物の検出に限られます。
  • 鉄筋の深さ(100mm程度)のほか径の推定が出来ます。
  • 検出深度は鉄筋の径により異なります。
    (鉄筋径の推定は測定精度が±1規格径程度あるため 、X線撮影による調査を推奨しております。)
  • 空洞やジャンカなどの物理的欠陥がある場合でも鉄筋の探査が可能です。
  • 指向性が乏しく周囲の磁性体の影響を受けやすいため、鉄筋のかぶり厚さより配筋ピッチが密な場合には推定が困難になります。
フェロスキャン プロフォメータ
フェロスキャン プロフォメータ

関連リンク

space